ライオンズクラブとは

  • 奉仕の心を持つ人々の集まりで、個人的経済報酬なしに社会奉仕に努め、道徳的水準をさらにに高める目的達成のために、メンバーが一致協力しあい、有益な活動を行っています。
  • 地域社会の福祉・文化・環境などに積極的に参加しています。
  • 友情・親睦・相互理解の絆によって融和をはかり、明るい調和のとれたクラブライフを築いてまいります。
  • 政治、宗教の問題を除いて、世界の人々の相互理解の精神を誓います。

ライオンズクラブの概況

1917年アメリカ合衆国シカゴ市で誕生しました。
創設者メルビン・ジョーンズは当時、市の有力者たちに有益な団体活動ができないものかと夢をいだきはじめ、そこで彼は合衆国内の各種団体に呼びかけ、各地の指導者的立場にある人々からなる社会奉仕団体が結成されました。
以後、世界各国で共鳴され、理解されて2006年4月現在では、197カ国131万人を超える会員を擁する世界最大の国際的奉仕団体となったのです。

テーマ

国際会長テーマ

ライオンズクラブ国際協会
国際会長
DR. JUNG – YUL CHOI
釜山第一ライオンズクラブ(韓国)
2019-2020 国際会長テーマ
「We Serve」 ライオンズクラブ国際協会

地区ガバナースローガン

ライオンズクラブ国際協会
335-B地区 地区ガバナー
L田中 敏朗
(泉大津LC)
2019-2020年度
地区ガバナースローガン
未来へ繋ぐ 汗と笑顔
We Serve